スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年11月を最後に政府・日銀の介入は行われていない

USDJPYmicroH1

最近の米ドル円はよく動くものの簡単ではない相場が続いています。

1時間足チャートでは3本のEMAが絡み合い大変難しい状況です。

それはそうとニュースサイトで政府・日銀の介入の記事を見ました。

2月11日に急落し一気に反発した場面では介入か?という噂もありました。

ちょうど午前9時半くらいに一気に1円ちょっと上昇。

時間も時間でしたので・・・

しかしこれは投機的な動きの様で介入ではなかった様です。

国際情勢もあるのでそう簡単に介入には踏み切れない様ですね。

スポンサーサイト

週足で長い陰線を出したポンド米ドル

GBPUSDmicroWeekly

先週からヤバイ位置にいたポンド米ドルが大幅下落。

⇒ポンド米ドルがかなりマズイ位置に・・・

売ろうか売りまいかと悩んでいるうちに下げていくのはいつものことです(笑)

次のターゲットは2009年の安値1.35025ということになるんでしょうか。

相場がかなり荒れ模様なので気をつけたいところですね。

ポンド米ドルがかなりマズイ位置に・・・

GBPUSDmicroMonthly

ポンド米ドルは現在1.4120付近。

チャート画像は月足ですが直近の安値群を下抜けていますね。

2010年辺りからはレンジで推移していただけに今後の下げがどうなるのか?

ここで切り返して再びレンジとなるか注目されますが
安易に買ってみたりすると怖いことになりそうなので注意しましょうね。

日銀が覆面為替介入実施か!?

日銀黒田総裁

日銀がマイナス金利政策を発表して株価は上昇。

これに合わせて米ドル円も上昇かと思われましたが
上がったのは少しの間だけで一時はは110円台まで下げました。

現在は一気に113円台前半まで盛り返す動きとなっています。

この謎な急上昇に日銀の覆面介入が噂されています。

米ドル円4時間足チャート
USDJPYmicroH4

米ドル円の4時間足チャートを見てみると一度大きく上昇。

その後は苦しみながらも113円台まで上昇しています。

ただし20EMAで頭を押さえられ週明けの展開が不透明となっています。

月曜日の朝に大きく窓を開けて始まるかに注目です。

日経平均918円安で米ドル円が114円台まで下げる

USDJPYmicroH1

昨日の米ドル円は下げ止まるかどうかという微妙な位置でした。

⇒米ドル円が116.11円まで下げる

今日は日経平均が終値918円安ということもあり
米ドル円は大幅に下落し一時は114円台に突入する場面もありました。

一時期のように米ドル強しという局面は終わったように感じます。

油断すると大きく戻ることもあるのですが
現在のところは売りから入る方がやりやすいようです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。